小さい平屋をローコストで建てるメリットをご紹介します!

合同会社 住まいる館

0120-74-1946

〒376-0011  群馬県桐生市相生町2-338-4

営業時間:10:00~17:00

住まいの日記一覧

小さい平屋をローコストで建てるメリットをご紹介します!

豆知識

2024/06/29 小さい平屋をローコストで建てるメリットをご紹介します!

限られた予算で、快適な平屋の家を建てることは非現実的ではありません。

この記事では、シンプルで快適な住環境を重視する方のために、予算を抑えつつ満足度の高い小さい平屋を建てるための具体的なアイデアとポイントをご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

□小さい平屋を快適にするための広さとは?

1LDKの平屋で快適に過ごすには、最低でも18坪の広さは必要です。

これは、約18畳のLDKと6~8畳程度の寝室を確保することで、一般的な生活空間を確保できるからです。

しかし、バリアフリーを考慮する場合、さらにゆとりが必要になります。

介護ベッドを置いたり、移動しやすいように通路を広げたりするためには、23坪以上が理想的です。

1: 18坪の広さ

18坪の広さがあれば、1LDKの平屋で、LDKと寝室、そして収納スペースを確保できます。

この広さは、1人暮らしはもちろん、夫婦2人暮らしでも快適に過ごせるでしょう。

ただし、収納スペースや将来的なバリアフリー対応を考えると、少し手狭に感じるかもしれません。

2: 23坪以上の広さ

バリアフリーを考慮する場合、23坪以上の広さがあると安心です。

これは、寝室を8畳程度に広げ、トイレや浴室もゆとりを持たせることで、将来的な介護も視野に入れた設計が可能になるからです。

また、玄関に車椅子がスムーズに通れるスペースを確保したり、廊下を広くしたりすることで、生活の質を高められます。

3: 間取りの実例

実際に建てられた1LDKの平屋の事例をご紹介します。
夫婦2人暮らしで、趣味の自転車を楽しむための広々とした玄関土間を設けた平屋です。

玄関土間とLDKの間は、広く開け放てる引き戸にすることで、自転車を眺めながらくつろげます。

また、キッチンは対面カウンター式にすることで、省スペースながらも開放的な空間を実現しています。
この間取りは、限られたスペースを有効活用し、快適な生活空間を実現するための参考になるでしょう。

26166209_s

□小さい平屋をローコストで建てるメリット

小さい平屋は、ローコストで建てることが可能なため、経済的なメリットが数多くあります。

ここでは、ローコスト住宅のメリットについて詳しく解説します。

1: 光熱費の節約

小さい平屋は、部屋数が少なく、冷暖房効率が良いため、光熱費を抑えられます。

特に、夏は冷房、冬は暖房の使用量を抑え、年間を通して電気代やガス代を節約できます。

また、コンパクトな間取りにすることで、照明の使用量も減らし、電気代の節約につながります。

2: ローン返済額の軽減

建築費用を抑えることで、ローンの借入額が減り、月々の返済額も少なくなるため、家計への負担を軽減できます。

返済額が少なくなる分、生活費に余裕ができ、趣味や旅行など、他のことに使えるお金が増えます。

また、将来的な住宅ローンの返済完了も早まります。

3: 短期間での建築

小さい平屋は、構造がシンプルで、建築に必要な資材も少なくなるため、短期間で建築が可能です。

一般的な住宅に比べて、建築期間が短縮されることで、早く新居に住み始められます。

4: 老後の生活導線の利便性

小さい平屋は、階段がないため、老後も安心して暮らせます。

また、部屋数が少なく、移動距離が短いため、生活動作が楽になります。

さらに、バリアフリー対応を施すことで、より快適な老後の生活を送れます。

24583356_s

□まとめ

小さい平屋は、快適な住空間と経済的なメリットを両立できる、魅力的な選択肢です。

この記事で紹介したポイントを参考に、自分にとって最適な平屋を検討してみてはいかがでしょうか。

限られた予算でも、工夫次第で、夢のマイホームを実現できます。
桐生市で平屋をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

 

 

群馬県桐生市のローコスト新築注文住宅
合同会社 住まいる館

電話番号 0120-74-1946
住所 〒376-0136 群馬県桐生市相生町2丁目338-4
営業時間 10:00~17:00
不定休

当社facebookページはこちら
http://bit.ly/2bHgHu7

TOP